ラグジュアリーホワイトのトライアルキット(通販)を使ってみた口コミを検証しています。美白ケアを必要としている方への口コミと体験談を紹介しています。

【ラグジュアリーホワイト 口コミ】アンプルール美容の評判は?

サイトマップ

【ラグジュアリーホワイト ビーグレン/比較】値段と効果・成分で比べてみました

【ラグジュアリーホワイト ビーグレン/比較】値段を比べてみよう

比べられがちなラグジュアリーホワイトのトライアルキットとビーグレンのトライアルキット。

値段から比べてみましょう。

ビーグレンのトライアルキットは目的別で6種類ありますが、シミやくすみ用のラグジュアリーホワイトのトライアルキットと同じ用途の「ホワイトケア トライアルセット」と比較します。

  ラグジュアリーホワイト ビーグレン
価格  1,500円 1,800円
通常価格 6,500円 6,422円
割引率 76%OFF 71%OFF
送料 無料 無料
セット容量 7日分 7日分

値段に関してはあまり変わりませんね。ラグジュアリーホワイトの方がキャンペーン中ということで300円程安いだけです。

あくまで本格的に使用する前のトライアルキットなので、両方使ってみるのもありです。

この値段ならば躊躇する必要もないですね。

両方購入するのも手ですが、ラグジュアリーホワイトの方はキャンペーン中ということなので早めに。申し込んだ方が良いと思います。

⇒ビーグレン ホワイトケア トライアルセットへ

⇒ラグジュアリーホワイトトライアルキットへ

ラグジュアリーホワイトとビーグレンのトライアルキット内容比較

ラグジュアリーホワイトとビーグレンのトライアルキットの内容を比較してみよう。

  ラグジュアリーホワイト ビーグレン
メイク落とし クレンジングミルクN(2包)  
洗顔料 ウォッシングフォームN(2包) クレイウォッシュ(15g)
化粧水 ローションAO II(120mL) QuSomeローション(20mL)
美容液 薬用アクティブフォーミュラ II(8mL) Cセラム(5mL)
スポット集中美容液 コンセントレートHQ110(3mL)  
美容乳液ゲル エマルジョンゲルEX(10g) QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

セット内容を比較して、共通しているのは洗顔、ローションと美白美容液・美容乳液ゲルです。

洗顔で汚れを落とし、ローションで肌を整え、美容液・美容乳液ゲルを浸透させます。

ラグジュアリーホワイトは美容液・ 薬用アクティブフォーミュラ IIでハイドロキノン(美白効果)を使っているのに対してビーグレンは最後のゲルを二段階に分けQuSomeホワイトクリーム1.9にハイドロキノン(美白効果)を使っています。

特筆すべきこととして、ビーグレンにはスポット集中美容液が無いですね。

ラグジュアリーホワイトのスポット集中美容液「コンセントレートHQ110」はできてしまったシミに対してハイドロキノンが効果を発揮します。

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9にもハイドロキノンが使われていますが、こちらは顔全体を明るくする効果を期待するものです。ラグジュアリーホワイトの薬用アクティブフォーミュラ IIも顔全体向けです。

つまり、シミ一点をケアしたい場合はラグジュアリーホワイト。

顔全体をトーンアップしたい方はどちらでも良いです。

ラグジュアリーホワイトとビーグレン 続けて使う分の値段の差は?

ラグジュアリーホワイトとビーグレンのトライアルキットの内容を個別で購入する場合の値段の「差を調べました。

  ラグジュアリーホワイト 値段 ビーグレン 値段
メイク落とし クレンジングミルクN(200mL) 4,104円    
洗顔料 ウォッシングフォームN(130g) 4,320円 クレイウォッシュ(15g) 4,212円
化粧水 ローションAO II(20mL) 5,400円 QuSomeローション(20mL) 3,996円
美容液 薬用アクティブフォーミュラ II(40mL) 8,640円 Cセラム(5mL) 5,076円
スポット集中美容液 コンセントレートHQ110(11mL) 10,800円    
美容乳液ゲル エマルジョンゲルEX(120g) 8,964円 QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g) 6,480円 7,560円
合計 6点 42,228円   27,324円

比べてみた結果、メイク落としとスポット集中美容液の分だけビーグレンの方が安く揃えられます。

ただ、クレンジングは必要なものなので、後で買い足さなきゃいけないですよね。

違いはやっぱりスポット集中美容液が必要かどうかです。

スポット集中美容液は1万円以上もするので、その分の価格差です。

気になるシミがまだない場合はどちらでも価格差はないということです。

ラグジュアリーホワイトとビーグレンの定期コースを比べてみる

トライアルキットをお試しした後、本格的に使い続ける場合お得なのが定期コース。

違いがあるのか比べてみました。

特典 ラグジュアリーホワイト ビーグレン
お得価格 10%OFF 個数に合わせて最大25%OFF
送料 送料・代引き無料(通常5,400円以下は有料) 送料・代引き無料
キャンペーン 定期コース限定キャンペーン開催  
お届け日時指定 自分好みにカスタマイズ出来る 自由に変更することが可能
特別プレゼント 季節に合わせたキャンペーンや新商品のサンプルプレゼントなど 非売品のプレゼント進呈
マイレージ制度 2,000円につき1マイル ★制度(1000円に付き2スター)と購入金額の3%がポイント

パッと見た印象ビーグレンの方が割引率やマイレージ制度が充実しているという感じです。

実際に購入してみた場合の金額を算出してみましょう。

  ラグジュアリーホワイト6点 ビーグレン5点
商品合計 42,228円 27,324円
割引金額 4,222円(10%) 6,831円(25%)
割引後の金額 38,005円 20,493円
取得マイル 19マイル スター40個 615ポイント(3%)

取得マイル分を割引率に加えた計算もしてみたのですが、ビーグレンのスター制度はとても複雑なのでこれ以上は止めておきます。

制度的にはビーグレンの圧勝感がありますが、あくまで目的で選びましょう。

【ラグジュアリーホワイト ビーグレン/比較】効果を比べてみよう

ラグジュアリーホワイトとビーグレンの美白効果を比べてみた。

ラグジュアリーホワイトやビーグレンのトライアルキットを購入しようと考えている皆さんのほとんどは美白効果を確かめたいというのがねらいだと思います。

美白に効果が期待される成分、ハイドロキノン。

肌の漂白剤と呼ばれるほど効果があます。

トライアルキットの中にハイドロキノン成分の入っている商品を抜き出してみました。

  ラグジュアリーホワイト ビーグレン
化粧水 ローションAO II  
薬用美白美容液/ナイトクリーム 薬用アクティブフォーミュラ II QuSomeホワイトクリーム1.9
スポット集中美容液 コンセントレートHQ110  

ハイドロキノンは配合されている製品が多いのはラグジュアリーホワイト。

効果を比較したいのが「薬用アクティブフォーミュラ II」と「QuSomeホワイトクリーム1.9」。

薬用アクティブフォーミュラ IIは朝夜の2回洗顔後化粧水のあとにに使用し、QuSomeホワイトクリーム1.9は夜のみの使用方法です。

薬用アクティブフォーミュラ IIの効果はシミやくすみの原因に先回りをし、一日中メラニンを抑え込みます。

QuSomeホワイトクリーム1.9は受けてしまった紫外線ダメージに対して効果を発揮し、澄み切った肌へと導きます。

薬用アクティブフォーミュラ IIはシミやくすみへの予防効果が高く、QuSomeホワイトクリーム1.9は既に出来てしまったシミやくすみに効果があります。

ラグジュアリーホワイトは「薬用アクティブフォーミュラ II」で予防し、「コンセントレートHQ110」で既に出来てしまったシミやくすみに対応します。

細かく効果を分けるとラグジュアリーホワイトの方がわかりやすいですよね?

⇒ラグジュアリーホワイトトライアルキットへ

ラグジュアリーホワイトの「薬用アクティブフォーミュラ II」とビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1.9」の成分(効果)を比較してみる

  薬用アクティブフォーミュラ II QuSomeホワイトクリーム1.9
全成分 グリチルリチン酸2K、アルブチン、水、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、BG、アルギン酸Na、部分水添ホホバ油、ホホバ油、パルミチン酸イソプロピル、ジメチコン、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、POE硬化ヒマシ油、水添大豆リン脂質、アルギニン、グリシン、ビタミンCリン酸Mg、D-マンニット、グルコシルルチン、コラーゲン・トリペプチドF、フェルラ酸、アルテロモナス発酵エキス、海藻エキス-1、海藻エキス-5、ソルビット、酵母エキス-1、クロレラエキス、アロエエキス-2、カッコンエキス、ヒアルロン酸Na-2、ゲンチアナエキス、ウマスフィンゴ脂質、キサンタンガム、カムカムエキス、シコンエキス、ミリスチン酸オクチルドデシル、ビタミンCテトラヘキシルデカン酸、ソルビン酸K、エデト酸塩、フェノキシエタノール、粘度調整剤、pH調整剤、香料  水, プロパンジオール, スクワラン, ハイドロキノン, セテアリルアルコール, テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, ゴヨウマツ種子油, ジメチコン, ステアリン酸グリセリル, ベヘニルアルコール, ジステアリン酸PEG−23グリセリル, アスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, ヘキシル3−グリセリルアスコルビン酸, オリゴペプチド-34, オリゴペプチド-68, オキソチアゾリジン, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ゲンチアナ根エキス, ビオサッカリドガム-1, ラムノース, グルコース, グルクロン酸, トコフェロール, グリセリン, BG, ステアロイルメチルタウリンNa, ステアラミドプロピルジメチルアミン, ステアリン酸ポリグリセリル-10, ステアリン酸PEG−55, ステアリン酸ソルビタン, バチルアルコール, ステアリルアルコール, マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル, ステアリン酸コレステリル, リナロール, 乳酸, 乳酸K, フェノキシエタノール, ピロ亜硫酸Na, EDTA-2Na

ラグジュアリーホワイトとビーグレンの美白成分で比較してみよう

トライアルキットの中から美白成分を比較してみました。

  ラグジュアリーホワイト ビーグレン
美白成分 ハイドロキノン  ハイドロキノン
  アルブチン  
  ビタミンC誘導体  

厚生労働省が認める美白有効成分は「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」あるいはこれに類似した効能を表示することが認められた成分です。

新しい成分の許可取得までにはおよそ10年程度の期間がかかると言われており、ハードルがとても高く現在20種類程度認められているだけです。

ラグジュアリーホワイト、ビーグレン共に配合されているハイドロキノンはメラニン還元力が強く、今あるシミを薄くする力があります。

ハイドロキノンのメラニンを抑える力もアルブチンの100倍と言われているので、ラグジュアリーホワイトは3種類に対しビーグレンは1種類でも気にしなくて良いでしょう。

ビタミンC誘導体もハイドロキノンには及びませんが肌のコラーゲンの産生を促進し、活性酸素の除去作用、メラニン産生抑制、還元作用など様々な効果が認められています。

 

【ラグジュアリーホワイト ビーグレン/比較】使い方を比べてみよう

ラグジュアリーホワイトとビーグレンの使い方の違いを比べてみよう。

  ラグジュアリーホワイト ビーグレン
メイク落とし クレンジングミルクN(2包)  
洗顔料 ウォッシングフォームN(2包) クレイウォッシュ(15g)
化粧水 ローションAO II(120mL) QuSomeローション(20mL)
美容液 薬用アクティブフォーミュラ II(8mL) Cセラム(5mL)
スポット集中美容液 コンセントレートHQ110(3mL)  
美容乳液ゲル エマルジョンゲルEX(10g) QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

ビーグレンのセット内容にメイク落としは含まれていませんが、必要な方は当然自前で用意する必要があります。スポット集中美容液「コンセントレートHQ110」以外は同じです。

  1. メイク落とし
  2. 洗顔料
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. スポット集中美容液
  6. 美容乳液クリーム・ゲル

この順番となります。

詳しく見ていきましょう。

気になるシミがある人はラグジュアリーホワイトのトライアルキットがおすすめ

美白ケアを始めようという方は、シミやくすみが目立ってきたからという理由がとても多いです。

ラグジュアリーホワイトシリーズの中でも「コンセントレートHQ」は最高濃度で配合したハイドロキノンを成分として含んでおり、一番効果が高いと言われています。

他にもラグジュアリーホワイトシリーズには美白効果のある商品が沢山ありますが、一番効果の高い「コンセントレートHQ」を使ってみれば他の商品の具合も推察できるでしょう。

もっと言えば、「コンセントレートHQ」を使っても消えないようなシミはどうにもならないということです。

顔全体の美白を目指す商品はラグジュアリーホワイト、ビーグレンともトライアルセットに含まれています。

⇒ラグジュアリーホワイトトライアルキットへ

⇒ビーグレン ホワイトケア トライアルセットへ

【ラグジュアリーホワイト ビーグレン/比較】副作用(安全性)を比べてみよう

ラグジュアリーホワイト、ビーグレン共に副作用自体少ない商品ですが、違いはあります。

それは目玉成分であるハイドロキノンの配合量です。

医療用に使われるハイドロキノンの配合量がだいたい4%だということを覚えておきましょう。

ラグジュアリーホワイトの「コンセントレートHQ」の配合量は2.5%。

ビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1.9」配合率は1.9%。

言うまでもなく配合量の多い方が効果を期待できる分肌への負担が大きいのです。

ただし、ラグジュアリーホワイトに使われているハイドロキノンは通常のハイドロキノンと違い、肌への負担を徹底して少なくした新安定ハイドロキノンです。

むき出しのハイドロキノンとは違い、マイクロカプセル化され包まれており、気になるポイントに到達してから効果が発揮されるよう設計されているので肌への負担はほとんどありません。

安心して使える分ラグジュアリーホワイトの方をオススメします。

ラグジュアリーホワイトとビーグレンの添加物を比べてみよう

ラグジュアリーホワイトとビーグレンの添加物を調べてみました。

昨今のオーガニックブームにあやかり、美容品にも防腐剤を使っていない点を売りにしている商品もありますが、成分を安定させ変質させないためにも防腐剤などの添加物は必須です。

化粧品も食べ物と同じく劣化していくものだと理解しましょう。

コンセントレートHQ コンセントレートHQ(役割)
ジメチコン
(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー
DPG
セタルコニウムクロリド
ハイドロキノン
BG
ビサボロール

エチルセルロース
カンゾウ根エキス
ムラサキ根エキス
チオクト酸
ゲンチアナ根エキス
カッコンエキス
アロエベラ葉エキス
クロレラエキス
フェノキシエタノール
香料
合成ポリマー、閉塞剤
合成ポリマー
香料、溶剤、粘度低下剤
陽イオン界面活性剤
酸化防止剤、還元剤
保湿剤、溶剤、粘度低下剤
消炎性、香料
溶剤
合成ポリマー、結合剤
酸化防止剤、抗炎性
天然色素、抗菌性、抗炎性
酸化防止剤
保湿性、発毛性、抗炎性
保湿剤
保湿剤、口腔ケア剤
保湿性、育毛性
防腐剤、溶剤、高沸点溶剤
単一香料又は調合香料
QuSomeホワイトクリーム1.9 QuSomeホワイトクリーム1.9(役割)

プロパンジオール
スクワラン
ハイドロキノン
セテアリルアルコール
テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル
トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン
ゴヨウマツ種子油
ジメチコン
ステアリン酸グリセリル
ベヘニルアルコール
ジステアリン酸PEG−23グリセリル
アスコルビン酸
3-O-エチルアスコルビン酸
ヘキシル3−グリセリルアスコルビン酸
オリゴペプチド-34
オリゴペプチド-68
オキソチアゾリジン
乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液
ゲンチアナ根エキス
ビオサッカリドガム-1
ラムノース
グルコース
グルクロン酸
トコフェロール
グリセリン
BG
ステアロイルメチルタウリンNa
ステアラミドプロピルジメチルアミン
ステアリン酸ポリグリセリル-10
ステアリン酸PEG−55
ステアリン酸ソルビタン
バチルアルコール
ステアリルアルコール
マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル
ステアリン酸コレステリル
リナロール
乳酸
乳酸K
フェノキシエタノール
ピロ亜硫酸Na
EDTA-2Na
溶剤
粘度調整剤
油剤、エモリエント剤
酸化防止剤、還元剤
油剤、乳化安定剤
油剤、結合剤、閉塞剤
油剤、閉塞剤
油剤
合成ポリマー、閉塞剤
合成界面活性剤、乳化剤
油剤、乳化安定剤
皮膚コンディショニング剤
酸化防止剤、pH調整剤
皮膚コンディショニング剤
酸化防止剤、保水剤
皮膚コンディショニング剤
皮膚ブリーチ剤
皮膚保護剤
保湿
保湿性、発毛性、抗炎性
皮膚コンディショニング剤
保湿
香味料、保湿剤
保湿剤、キレート剤
酸化防止剤、V.E
保湿剤、変性剤、グリセリン
保湿剤、溶剤、粘度低下剤
合成界面活性剤、洗浄剤
合成界面活性剤、柔軟剤
皮膚コンディショニング剤、乳化剤
洗浄剤
合成界面活性剤、乳化剤
油剤、乳化安定剤、閉塞剤
油剤、乳化安定剤
油剤、エモリエント剤
油剤、親油性増粘剤
香料、合成香料
pH調整剤、保湿剤、酸剤
緩衝剤、皮膚剥離剤
防腐剤、溶剤、高沸点溶剤
酸化防止剤、漂白剤
キレート剤

このように化粧品や美容液は多くの添加物で構成されており、天然や自然であることに意味はありません。美白を目指すという事自体自然に反していることですから当然といえば当然です。

【ラグジュアリーホワイト ビーグレン/比較】口コミを比べてみよう

ラグジュアリーホワイトのトライアルキットとビーグレンのホワイトケア トライアルセットをアットコスメの口コミから比べてみました。

ラグジュアリーホワイトの口コミは90件。ビーグレンの口コミは236件。

口コミの件数は圧倒的に違いますし、評価もビーグレンの方が高いです。

アットコスメはコスメに特化したレビューサイトなので、年齢や肌質など自分に近い状態のレビューを参考に出来るので役立つ口コミがたくさんあります。

実際に口コミを調べてみたい方はこちらから調べてみてください。

ラグジュアリーホワイト トライアルキットの口コミ

ビーグレン ホワイトケア トライアルセットの口コミ

ラグジュアリーホワイトとビーグレンの口コミ件数を比較してみよう

  ラグジュアリーホワイト ビーグレン
件数 90件 236件
平均評価(最高7) 3.5 5
トライアルランキング 15位 5位
発売日 2015/2/10 2016/9/21
価格 1500円 1,800円

ラグジュアリーホワイトよりビーグレンの方が一年以上も遅く発売したにも関わらず、口コミ件数、評価共にビーグレンの方が高い結果になっています。

何故同じようなトライアルセットでこのような違いが生まれるのか?

それは知名度です。

ビーグレンは1994年創業のアジアだけでなく、アメリカやヨーラッパにも進出している企業です。

ラグジュアリーホワイトシリーズを出している株式会社ハイサイドは2003年創業でアジアのみの企業です。

この点が知名度として口コミ件数に現れています。

ラグジュアリーホワイトとビーグレンの美白効果についての口コミを比べてみよう

口コミの中でも気になるポイント、美白効果について言及されている口コミを調べました。

  ラグジュアリーホワイト ビーグレン
美白効果の口コミ 13件 65件

口コミの件数が少ないので目を通してみました。

ラグジュアリーホワイトはスポット集中美容液の美白効果が高い代わりに、肌が荒れるなど肌に合わないといった口コミが多いです。

ビーグレンは肌のトラブルの口コミはほとんどありませんが、ちょっとシミが薄くなる程度でしか実感出来ていないとの事でした。

高価な美白美容液を購入する前の一週間分のトライアルセットなので効果を試すには十分ですね。

肌に合わないのが解ったとしても、高価なセットを揃える前で良かったと思えるトライアルセットです。

⇒ラグジュアリーホワイトトライアルキットへ

⇒ビーグレン ホワイトケア トライアルセットへ

-サイトマップ

Copyright© 【ラグジュアリーホワイト 口コミ】アンプルール美容の評判は? , 2019 All Rights Reserved.